hiroのもっと遊びてー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都戦!

<<   作成日時 : 2006/11/26 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いやー盛り上げますね、Jリーグを。
レッズ引き分け、ガンバが何とか勝って優勝の行方は最終節へ・・・

最終節へ向けて、勝利は必須、しかも得失点差を考え大量得点したい状況。
マグノ1トップの二川、前田の2シャドー、かと思いきやほぼマグノ、前田の2トップ。
今日も連携が悪く、イージーミスを連発の前田でした・・・
スルーパスへの飛び出しもオフサイド連発、良いとこなしでしたね。
前節では得点を決めてましたが「それだけ」の内容、
やはり現状ではトップで使う状態ではないかと思うんですが・・・

前半は全体的に悪く、優勝するんだ!っていう気迫みたいなのがまったく伝わってきません。
前線からの京都のチェックが早く、後手後手に回っていた中盤、いやーな感じ
がしていましたがその空気通りあっさり先制される・・・
かなりグダグダな前半の試合内容、マグノが何とか同点にしてくれましたが。

後半になって實好、前田OUTで寺田、中山IN。
4バック(気味)に変更、寺田はドリブルから積極的に仕掛ける場面が多く、
また京都のチェックも甘くなり中盤で主導権をにぎることができ、攻撃の時間が
長くなりました。そこでマグノが決め2−1、その後も攻撃的に行くがなかなか
追加点が奪えず・・・
中山ですが、運がないと言うか・・・決めきれないと言うか・・・
ポストとしての役目も出来ず、決定的な場面を外し(前節から引き続き)、
ちょっと・・・  
ただ、現状の中山、前田を使わなければいけないのがいまのガンバの状態、
層の薄さですね。主軸と控えの差がありすぎる。
西野監督も十分分かっているはずです。
使わざるを得ない、でも、フェルナンジーニョとは仲直りしましょうよ〜・・・

80分、一瞬の隙をつかれ同点とされる。宮本、微妙にオフサイド取りに行ってましたが
そのまま決められて2−2。
正直、終わったと思いました。
ただ、ドラマはロスタイム・・・

寺田のトラップミス(・・・)から左に流れ、走りこんでいた家長へパス、
家長が落ち着いてマグノへクロス、見事ヘッドがきまり3−2!

鳥肌が立ちましたね。
たぶん、寺田がちゃんとトラップしていてもシュートは外れていたかも(笑)

劇的な勝利でした。

これは最終節・・・なにかある・・・

と、思いたいんですが・・・

状況は厳しいですね。
3点差以上の勝利が必須、たぶん、レッズは引きこもりからのカウンター狙い
で来ると思いますが、今のチーム状態では引きこもりチームからは点が取れない・・・

シジクレイは戻ってきますが、播戸、そして遠藤は・・・
遠藤は、厳しいでしょうね。
出られるとしても以前のようなパフォーマンスは期待できないでしょう。

厳しい、ですが何とか奇跡を・・・
真っ赤に染まった埼スタで奇跡の優勝を!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都戦! hiroのもっと遊びてー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる