hiroのもっと遊びてー!

アクセスカウンタ

zoom RSS personnel reshuffle

<<   作成日時 : 2009/04/26 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人が出会うということは、

人と別れるということもあるわけで、



そこにずっといたいと思っていても、どうしてもいることができなくなったりする事も

あったりする。


高校の卒業式の時、

この仲間達と明日からは別々の道を歩み、
二度と会えないわけじゃないけど、
毎日顔を合わせることはなくなり、くだらない事を話したりすることもなくなり、
恋愛の話をしたり、音楽の話をしたり、
そういった事を明日からこいつらとできなくなるという「現実」を
すごく信じることができなくて、
想像する事も出来なかった。

しかし、

大学に入って、
また新しい仲間ができて、そいつらとまた同じように
くだらない話をし、恋愛の話をし、音楽の話をし、将来の話をし・・・

当たり前のように、高校の仲間たちを「過去の出来事」と認識できるようになる。

同じように、

大学の卒業式の時も同じような心情になり・・・

同じように、

明日からこいつらがいない世界を想像できない自分がいた。


今みたいに、

携帯で簡単に連絡できた時代じゃないから、
簡単に連絡を取ることもできなかったし、疎遠になっていくことは仕方がなかったかな。


環境が変わるということは、
得るものもあれば失うものもあり、
それが自分にとっても、周りの人にとっても、
いいことなのか、悪いことなのか、
それはその時点ではわからないことですよね。




2か月前、

自ら環境を変えることを望んでいた僕。
それは、
「あること」から逃げるためだったんだけど、
逃げるその「元凶」が同じ方向に来たりして
驚き、苦悩し、
よりいっそう僕の心を惑わせた・・・

結果的にはその「環境を変える事」自体ができなくなり・・・

そして・・・

自分の心は更に「重症」になり、
今はそのままでいたい!という気持ちに変わってしまっている。





そんな時に限って、

今回の僕・・・


計画どおりに事は進まないですよね、ホントに・・・




「もしかしたら」っていうのは、
たいがいその人の淡い希望であって、
実際には99.9%ありえないことが多い。

0.1%の可能性があるのなら、
できることはやった方がいい、

ということをある人から言われましたが、
現在その可能性を信じるにはあまりにも期間が短くて(笑)・・・


ほんと、大失敗ですよ。










大学に入ったときや、社会に出た時のように、


過去の事と思えるようになればいいんですけどね。




今は、

忘れようとすることは、憶えることより困難に思えて・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
personnel reshuffle hiroのもっと遊びてー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる